鳩が原因!?あらゆる健康被害を呼び起こす鳥の実態 鳩が原因!?あらゆる健康被害を呼び起こす鳥の実態

鳩対策が必要になる健康被害の事例

鳩がもたらす恐ろしい健康被害とは?

羽を広げる鳩

公園や学校などで見かける鳩ですが、感染症などおそろしい健康被害の原因となります。アレルギー症状が出やすい方や免疫機能が衰えている高齢者は、意識しないと大変です。鳩が原因の感染症について知り、鳩対策の重要性を考えましょう。

鳩による代表的な健康被害

トキソプラズマ症
トキソプラズマと呼ばれる小さな寄生虫が原因で起こる感染症で、猫や鳩のフンによって媒介されます。体内の免疫機能がしっかり働く大人なら、感染しても大きな問題にはなりにくいと言われています。こわいのは、妊婦さんに感染したケースです。胎盤から子供に感染が広がると流産につながる恐れがあるため、衛生管理に努めましょう。
ヒストプラズマ症
ヒストプラズマ症は、鳩のフンなどに繁殖したウイルスが原因の感染症です。インフルエンザのような高熱と関節痛が主症状で、急性症状を起こすリスクもあります。体力がある成人が発症したとしても数週間で自然治癒する病気と言われていますが、肺疾患を持つ方や免疫系のトラブルを抱えている方は、重症化しやすい傾向があります。
クリプトコックス症
空気で舞い上がった鳩のフンが口の中に入った場合、クリプトコックス菌に感染するリスクがあります。免疫機能が低下している状態で感染すると、脳炎や髄膜炎につながる恐れがあります。クリプトコックス菌は乾燥に強いため、2年以上経過したフンにもいます。ベランダや屋根などお掃除する場合には、必ずマスクを着用しましょう。
鳥インフルエンザ
一時期ニュースで話題になった鳥インフルエンザは、鳩の腸内で原因ウイルスが繁殖すると言われています。人への感染は稀と言われていますが、ウイルスの突然変異で新型ウイルスに変わり、猛威をふるうリスクがあります。公共施設の鳥インフルエンザ防止策として鳩を寄せ付けない工夫をすることが多く、一般家庭での鳩対策も必須です。
オウム病
オウム病クラミジアという病原菌から広がる感染症で、鳩のフンなどが原因とされます。風邪のような気管支症状だけでなく肺炎や髄膜炎に発展する方もいて、発見が遅れると重症化しやすい感染症の一つとされています。オウム病の名前から誤解されやすい病気ではありますが、鳩に触っただけでも感染源になることを意識するといいでしょう。

早めの鳩対策で健康な生活を送ろう

鳩は身近な場所に群れをなして生息しているため、家の近くや施設内に巣を作ると、重大な健康被害につながる恐れがあります。繁殖能力が強い動物でもあるので、対応が遅れるほどどんどん数が増えていきます。見ているだけなら可愛いもの、と思われがちですが衛生上のトラブルが起こってからでは遅く、早急な鳩対策が必要になります。

TOPボタン